吉原のソープランドの歴史

吉原ソープランドの歴史をご紹介致します。どのように歩んできたのでしょうか? - 吉原ソープランドができた背景

吉原ソープランドができた背景

吉原というのはソープランドとして日本の中でも最も有名な場所なのは言うまでもありません。
そんな、吉原ソープランドですがそもそもいつからあるのか?どういう背景で日本で最も有名なソープランドになったのかということについてを説明していきましょう。

吉原ソープランドは何故一番有名なのか

それは、最も歴史の長い歓楽街だからでしょうね。
吉原というのは実は旧地名で現在は、正式な地名として扱われているわけではありません。
わかりやすく言うと、東京3代続いて住んでいる人の事を東京っ子と呼ばず旧地名から文字って江戸っ子と呼ぶように現在の地名とは違う通称で吉原、とソープランドのことを呼んでいるわけです。
つまり、吉原のソープランドの歴史を紐解くためには吉原という名前のついた歓楽街が生まれた江戸時代まで遡らなくては行けないということなんです。

吉原が生まれた背景

元々、江戸時代に麹町、鎌倉海岸、大橋内柳町の3つが売春街として有名でした。
しかし、幕府はこれを取締摘発と摘発を逃れるための手口とのいたちごっこが続いていた中、柳町で娼家を経営していた人物を中心に江戸幕府から許可を得た政府公認の遊郭を作ろうという働きが起こりました。
その働きかけの甲斐あって、幕府から許可が降り吉原が初めて出来上がったわけですね。

吉原の成り立ち

吉原は、遊郭を作る際にエリアの中でしか営業をしない、逗留は一泊まで、衣装や建築は派手にしすぎないというような義務を守る事で幕府公認の遊郭街として誕生したのです。
その後、江戸時代の中で40年近くも営業を続け、明治時代に新吉原に移転するまで、有名な遊郭街として名を馳せました。
そしてその名前は今にも続いているということですね。

関連する記事

Copyright(C)2016 吉原のソープランドの歴史 All Rights Reserved.